浮気は言葉の通り「浮ついた気持ち」でその中には不倫も入ります。

MENU

浮気と不倫の言葉と行動の違い

浮気や不倫は普段何気なく口にしたり、耳にすると思います。
浮気と聞くと軽い遊び、不倫は心も入った遊びのように私はイメージしていますが、この二つは違うのでしょうか、それとも同じ意味なのでしょうか。

 

まず「浮気」についてです。

浮気とは世間では未婚、既婚、関係なく使われています。調べてみると浮気は本命の交際相手がいながら、違う異性とも交際、関わりを持つことを言うようです。

 

肉体関係だけでなく、食事や連絡を取るだけでも浮気と呼べ、それぞれ人によって定義の範囲が違います。

 

「浮ついた心」ですから、本命の交際相手がいながら、違う人に心動かされるのも浮気と定義付けされてもおかしくはないのです。

 

 

次に「不倫」です。

不倫とは結婚している者が不貞行為、すなわち肉体関係を異性と持つことを言います。

ですから既婚者が肉体関係はなく、異性と食事に行くことは「浮気」と言えますね。

 

人間のカップル

しかし、この食事に行くことを夫婦が浮気と定めていたらの話なので、浮気の線引きは難しいですね。

これらのことから考えると、浮気という広い範囲の中に「不倫」が含まれていると考えるのが良いのではないでしょうか。

 

既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは不倫とも浮気とも言えるのです。

 

しかし、言葉の重みからすると「不倫」の方が重たく感じますね。

その理由は不倫が法律で裁けるからです。
浮気は法律では裁けません。
これは浮気と不倫のはっきりとした違いです。

 

既婚者が、配偶者ではない異性と肉体関係を持てば法律では「不倫」とみなされるのです。

 

ですから不倫は浮気よりもダメなことだという認識が強いのではないでしょうか。
それほど結婚というものは強い信頼関係が大切で、一度の不貞行為でも不倫であり、許されるものではないのです。

 

以上のことから考えますと、浮気と不倫は同じ部類であることは間違いないのですが、法律で裁けるかどうか、という点とそれ故に言葉のイメージや重みが大きく違う点がこの二つの言葉の違いなのです。