二人が不倫の関係である以上、不自由な長続きさせるコツを受け入れなければなりません。

MENU

不倫関係を長続きさせるコツ

 

コツ

 

急に会えなくなっても揉めない

不倫関係を結んでいる以上、
お互い別の生活をしているわけですし、むしろそちらの方が真の生活になります。

 

このため、従来の夫婦やカップルに比べて、
どうしてもドタキャンの頻度が高くなってしまうのです。

 

これにいちいち腹を立てていては、不倫関係は続きません。
こうした急なドタキャンに対して、寛大な態度をとれるかどうかが重要になってきます。

 

また、同じ類の例を挙げれば、
一方が急に帰らなければならなくなった時も、それを止めてはいけません

 

これもやはりメインの家庭が影響しての帰宅なので、
これを引きとめてしまうと、関係の維持が難しくなってしまうのです。

 

 

 

SEXだけの関係にならないようにする

さすがに堂々と外でデートするのは危険ですが、
SEXだけの関係を続けていては、長続きは期待できません

 

なぜなら、この場合二人を結んでいる線がSEXだけになってしまうからです。

 

SEXだけで結ばれた関係なら、どちらかが本当の暮らしの中でSEXに満足できるようになれば、
それで関係が終わってしまいます。

 

こうならないためには、お互いの存在価値としてSEX以外の部分で認め合うことが大切です。

 

「あなたじゃないといけない。」、「君と一緒にいたい。」、
SEX以外の部分でも交流を深めることで、二人の間にこうした恋のような感情が生まれるのです。

 

 

 

バレない注意を怠らない

当然のことですが、ささいな油断が注意を怠らせる場合があるので、
改めてこれを意識することが大切です。

 

不倫は家族に疑われたら終わりです。
疑う立場からすれば、その気になれば尾行できますし、スマホを見ることだってできるわけです。

 

つまり、その気になれば証拠を掴むことは容易なのです。

 

こうならないためには、そもそも疑われないことが重要であり、
そのためには常にバレないように注意を怠らないことです。

 

寂しさや欲望の誘惑に負けず、
常に冷静に考え、バレる要素を一切省くようにしなければなりません。

 

どのコツも、コツと言う割には不自由さを感じます。
しかし、二人が不倫の関係である以上、こうした不自由なコツを受け入れなければなりません。

 

逆に、これらのコツが受け入れられないと言うのなら、不倫する覚悟が足りないとも言えます。