不倫はリスクが付きますが、女性はそのリスクをむしろスリルとして楽しみます。

MENU

女性から見た不倫

 

本音

 

リスクがスリルに変換される

バレたら破滅を招く可能性もある不倫、
男性はその事の重大さに怯え、なかなか手を出せません。

 

つまり、不倫には絶大なリスクが付くわけですが、
女性はそのリスクをむしろスリルとして楽しみます

 

全ての女性に言えることではないですが、不倫をする女性は日常に不満を持っています。

 

「退屈な毎日から抜け出したい。」、
まるで歌の歌詞のようなそんな言葉が不倫をする女性の本音であり、
退屈とは無縁の刺激たっぷりの不倫は、怖いのではなく魅力的に感じるのです。

 

男と女では考え方が違うと言われていますが、
それは不倫への意識においても例外ではないのです。

 

 

 

女であることの実感

不倫する男性の場合、目的の大半がその女性とのSEXです。

 

身体目当てのようで女性には言いづらい本音かもしれませんが、
女性はそんな男性の本音を見抜いており、むしろそのことに喜びと充実を得ています。

 

なぜなら、SEXしたいと男性に思ってもらえる事実が、女としての自信に繋がるからです。

 

子育てに追われる主婦が不倫に走るのもこれが大きな要因になっています。

 

子供はもちろん、夫からも「女」でなく「母」として扱われ、
恋人時代のように身体を求められる機会が失われ、その毎日を壊してくれるのが不倫なのです。

 

身体を求められれば求められるほど
女性は女としての喜びを感じ、その充実感が忘れられなくなるのです。

 

 

 

SEXへの考え方

本来SEXは愛情を必要とする行為です。
しかし不倫でのSEXは、愛情よりも、男性が興奮する自体に女性は喜びを感じます

 

年齢と共に自信を失くした裸、その裸を見て興奮してくれる男性とのSEXを望みます。

 

これを愛という言葉を使って言い換えるなら、
女性の身体を愛してくれる男性とのSEXを望んでいるのです。

 

 

 

これらをまとめて考えると、女性にとって不倫は「女を実感できる機会」ということになります。このため、毎日の生活で女としての実感を得ていない女性は、不倫がたまらなく魅力的に感じるのです。