「処分すべき物の把握」と「お互いの納得」の二つの条件が揃っていることが必須です。

MENU

不倫相手と決別する時の注意点

 

注意点

 

バレないための配慮を考える

そもそも何に注意するかを考えた時、その答えとなるのは、「不倫の発覚」です。
つまり、不倫相手と決別する注意点は、不倫の発覚を防ぐための行動とイコールになります

 

では、不倫相手と別れた後、何が原因で不倫していたことがバレるのかを考えてみてください。

 

 

一つは不倫相手が話してしまうことです。

 

これを防ぐには、単に口止めするだけでなく、相手にも別れを納得させる必要があります

 

例えば、あなたが一方的に別れたとすると、別れること自体は可能ですが、
納得できない相手が反撃して、関係をバラしてしまう可能性があるのです。

 

このため、別れ話は従来のカップルや夫婦以上に真剣にするようにしてください

 

 

もう一つのバレるきっかけは、何かが形となって残っている場合です。

 

写メやプリクラ、スマホの中のメールや着信履歴、相手に関係するものは全て処分してください

 

これらをきっちりと処分するには、

  • あらかじめ処分が必要な物を把握しておくこと
  • 未練を残さないこと

が重要になります。

 

その場の思いつきで処分をしていては、必ず何かが残ってしまいますし、
未練があると捨てきれない物が出てきてしまいます。

 

 

 

勢いで別れるのは禁物

別れのパターンはいくつかあるものの、
ここで厳禁となる別れ方は、勢いでのケンカ別れです。

 

上記で説明したように、
決別の注意点はいずれも冷静な判断の元でしか行えないことばかりです。

 

そう考えると、
不倫相手との決別の決意は、時間をかけて冷静に結論を出したうえでなくてはなりません。

 

お互い納得した上で、
形跡を一切残さず関係を清算するには、二人が冷静な状態でなくては叶わないのです。

 

 

 

つまり、不倫相手と安全に決別するには、

  • 処分すべき物の把握
  • お互いの納得

これら二つ条件が揃っていることが必須になるのです。

 

「不倫相手と決別する時の注意点」、単にそう表現するのではなく、
「不倫が発覚することなく安全に決別する方法」と言葉を置き換えて考えてみることで、
有効な注意点が見つかります。